• ホーム
  • 海外の薬は個人輸入で安く買える!

海外の薬は個人輸入で安く買える!

2019年09月09日
OKサインを出している男性

海外の薬は個人輸入が安いのはなぜかと言うと、個人輸入の場合は主に、ジェネリック医薬品を取り扱っているからです。
初めて承認を受けた医薬成分を含んだ医薬品のことを先発医薬品などと呼ぶことがありますが、先発医薬品は多大な開発費がかかっていることもあって、市販される時には比較的高価な金額で販売されます。
そして、同じ医薬成分を持った医薬品を別の製薬会社が製造するとなると、高額な特許料を開発した製薬会社に支払ってから行うことになります。
しかし、その特許には有効期限があり、その期限を過ぎれば、特許料を支払う必要はなくなるのです。
ですから、他の製薬会社が同じ医薬成分を含んだ医薬品を安価に製造できるようになるのです。
この医薬品のことをジェネリック医薬品と呼びます。
そして、このようなジェネリック医薬品を物価が安い海外の国で製造していますから、なおさら安価に入手することが可能です。
医薬品の個人輸入とは、あくまでも個人が輸入して、個人の責任において使用することになりますが、インターネット通販サイトでは、一度に大量に輸入しますから、輸送料も割安になるのです。