• ホーム
  • 下腹部傷害による勃起不全は豚肉等のビタミンで予防

下腹部傷害による勃起不全は豚肉等のビタミンで予防

2020年03月21日
心配している男性

勃起不全とは、男性の性器が勃起できなくなることです。
男性は、勃起不全になると男性として自信が持てなくなり、その病気になることで、うつ病になったり精神的に参ってしまいます。
彼女や妻にも満足のいく性行為ができなくなり、パートナーが欲求不満になり、ストレスが溜まってしまい快適な生活が送れなくなります。
パートナーがいる人は、自分自身だけの問題ではなく、相手にもストレスなく快適な生活を送れるように、治療や日々の食生活を見直す必要があります。

勃起障害が起こる原因として、日々の家庭の問題や仕事のストレス等精神的に起こる事や、糖尿病やその他の病気によって薬などの過度な摂取、アルコールの大量摂取等の暴飲暴食、寝不足等の体力的な疲れ等不規則な生活、下腹部の大きいケガ等をして手術した後などに起こる事もあります。
こういったさまざまな原因で勃起障害が起こります。

勃起不全を治す為には、気長にじっくりと治していくことを決め、病院で治療を受ける人も毎日の生活をきちんとしていく事を決めることが大切です。
特にホルモンバランスを整える為に、食生活の改善をしていくことが大事です。
現代人は欧米化が進み、ミネラルを不足している人が多くなり、大切な栄養素を摂る事ができていない人が多くなっています。
その栄養素を摂るため、勃起不全の予防を助けてくれるビタミンが必要です。
ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンC、その中でも、ビタミンB1は豚肉や玄米等に含まれており、糖質やでんぷんをエネルギーに変える働きがあります。
こういった栄養素を毎日摂取した献立で、タバコやアルコールをやめる事で、勃起不全を予防する事ができ気持ち的にも余裕がでてきます。